実作業体験

  • 2009/07/09(木) 00:06:37

昨日、当社でフロントマンの実作業体験を行いました。
見積もり技術向上の為、実際に修理行程を見学・作業してもらい
お客様への説明などに生かしてもらいたいという訳です。

バンパーの擦り傷補修を自分が行いながら、フロントの人には
廃フェンダーなどを使用してエクボ修理をしてもらいました。
総勢10人位集まりましたが、みなさん未経験の方ばかりなので
実際の工程の多さに驚いていました。

調色、足付け、マスキングなど意外と時間が掛かる作業だと
分かっていただけたようです。
ま、3分の1の人は最初のパテ盛りでうまく行かず
諦めて見学にまわってましたが・・パテ盛り途中で投げ出された
廃パネルだけとり残されました。

体験が終わって、一人の方から「想像してたより、ずっと大変な
作業だ。むやみに工賃値引きするのやめるよ・・」と言われました。

最初の目的であった「お客様に判り易く説明できるように」から
最終的に「板金塗装作業の大変さ」になってしまいましたが、
みなさん、少しは分かってくれたようで良かったです。



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

【お客様の為にも…】

『 実作業体験 』とてもいい取り組みですね。

私も見習って、実作業の技術と知識を高めなくては。

熊本のフロントマンさんへ

自分もいい経験になりました。
普段やってる作業でも、あまり話上手ではないので
分かり易く説明しながら作業する事の難しさを知り、
フロント業務の方の大変さを痛感しました。
自分には、向いてないようです(笑)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する